yoccatta TOKYO のエシカルトライ日記

廃棄エアバッグのアップサイクルブランド『ヨカッタ トーキョー』のエシカルな日常を綴ります

わたしがつくる電気 

先日、電力需給ひっ迫警報が出たこともあり、日本の電力事情に不安を感じた方も多いと思います。

この警報が出た直接的な原因は、福島県沖の地震発生と気温低下でしたが、現在の日本の状況は、2050年の脱炭素に向けて、エネルギー政策の移行中なのです。その上、蓄電技術もまだまだ開発途上 … ということから、エネルギー自給率の低い日本においては、今後も脆弱な状況は続くと覚悟しておいた方が良さそうです。

まずは、節電ですね!

(日本のエネルギー自給率:12.1% / 2019年度数値)  

 

f:id:yoccatta:20220403165006p:plain

 

さて今回は、“エシカルな電力” について、書いてみたいと思います。

 

 先日、千葉県匝瑳市にある「THE 土と太陽の発電所」のバーチャルツアーに参加し、その後、実際に草刈りにも伺いました。こちらは、発電事業者である市民エネルギーちばと、エシカル協会・ハチドリ電気・農業法人Three Little Birdsの3社が運営するソーラーシェアリング発電所です。

 

改めて『ソーラーシェアリング』とは・・・

田んぼや畑などの農地に支柱を立て、上部で太陽光発電を行う、“農業” と “発電事業” を両立させるしくみで、次世代農業としても期待されています。  

日本発信の技術だということも初めて知りました。発案者は長島 彬氏で、2004年に特許を取得後、誰もが無償で利用できるよう公開。今や日本各地 2,000ヶ所以上で設置されているそうです。

 

農業×発電によって収益性を高める以外にも、いろいろなメリットがあります。  

◎ 環境に負荷をかけず、農地をいかす発電 (山を崩して設置する発電方法との違い)   

耕作放棄地問題の解決につながる   

太陽光パネルの設置は作物の生育に支障がない設計(パネルは細幅で間隔を保ち、高さも確保。大型農業機械も利用可)  

◎ 災害時には地域の人に電力をシェアできる  

 

そして、“エシカルな電力” のもうひとつの柱は、有機農業。 特に、農地を耕さない不耕起栽培を採用すれば、土壌の中に炭素がより多く固定され(CO2の削減)、温暖化防止に役立ちます。

実際、草刈りに行って感動したのは、ふっかふかの地面。これは地面の下の環境がとてもよい証拠かと。ソーラーパネルの圧迫感は全くないし、懐かしい土と草の香りの中、長靴でふかふか絨毯の上を歩いているようで、しあわせな気持ちになりました。  

 

ちなみに、市民エネルギーちばでは、パタゴニア社ともコラボ。「THE 土と太陽の発電所」のお向かいにパタゴニア社の設備があって、こちらで発電された電力は、パタゴニア渋谷ストアで使用されているそうです。  

 

市民エネルギーちば(株)代表の東 光弘さんいわく、マンションのベランダで野菜を育てるように、ソーラーパネル1枚からでんきはつくれる。〈プチトマト×ソーラーパネル〉なんていうのもアリだそうです。野菜も、でんきも、じぶんでつくる。 「習うより慣れろ!」だそうで、でんきが急に身近に感じられた気がしました。でんきのこと、有機農業のこと、もっと調べてみたいと思います。

 

 

ー MEMO ー

『ソーラーシェアリング』には課題もあり、パネル素材はリサイクルしやすい設計へと移行しつつある段階だそうです。また、国産パネルの開発が遅れており、現在は中国産パネルに頼っている状況。メイド イン ジャパンのパネル開発に期待したいです。

 

 

ゼロ・ウエイストへの取り組み「ecoカス企画」

私が服飾の学校で学んでいた当時、環境への配慮のことなど、考えたことがありませんでした。お洒落なモノを世にうみだすことや流行ばかりに意識がいってしまい、“もったいない” の実践など、想像すらしませんでした。

現在の学生さんたちのサステナブルな活動や作品を見る度に、自分がとても恥ずかしくなります。

 

f:id:yoccatta:20220317164703j:plain

 

さて、ヨカッタのようなアップサイクルのプロダクトは、地下資源を使うことなく、新たな価値をつくってゴミを減らします。焼却しないので、CO2の削減になります。  

では、アップサイクル商品は「ゼロ・ウェイスト(=廃棄物を出さない)」かと言うと、、、答えは、“ノー” です。

製作の過程で出る、裁断時の端材やロスも忘れてはなりません。裁断時には端切れが出るのです。

 

私たちの廃棄エアバッグのケースでご説明すると、 まず、反物になっていない 不揃いなパーツから使用できる箇所を選んで裁断していくため、当然、ロスが出ます。更に、エアバッグは丸いベレー帽のような形が多いため、カーブした細長い端切れがどうしても残ってしまいます。

 

エシカルトライに取り組んで以来、私たちは、それらの端切れをストックし続けてきたのですが、さまざまな検討を経て、いよいよ〈ecoカス企画〉と銘打ち、今シーズンより新しい試みをスタートすることにいたしました。

やや大きめの端切れは、ポーチなどの小物に。 更に小さい裁断くずは、マイクロプラスティック対策としてダウンプルーフ素材に閉じ込め、クッションの中身に活用予定です。

皆様へこれらの商品をお披露目できるのは、もう少し先になると思いますが、ヨカッタの〈ecoカス企画〉も応援していただけたら嬉しいです。

 

私たちの「エシカルトライ」には “完全” も “正解”もなく、課題に気づいたら立ち止まって悩み、その時にできることを実践、実験していきたいと思っています。良いアイデアは共有し、みなさんと共に、一歩一歩、すすんでいけたらと願います。

『女性の日』がなくなる日を願って

3月 8日は、国際女性デー(International Women’s Day)。

「女性の社会参加と地位向上を訴える日」、「女性の素晴らしい活躍と、勇気ある行動を称える日」として、1975年に国連が定めました。

起源は諸説あるようですが、1904年3月8日に、ニューヨークで女性労働者が婦人参政権を求めて起こしたデモがきっかけと言われています。

 

f:id:yoccatta:20220305175539p:plain

 

日本でも、2017年より「女性の生き方を考える日」として、『HAPPY WOMAN FESTA』が開催されていて、様々な企業や団体もイベントや特別企画を同時開催するなど、年々盛り上がっているようです。

(主催:HAPPY WOMAN実行委員会)

 

ハッピーウーマンのテーマカラーは、「太陽」「光」を連想させるイエロー。

イタリアではこの日にミモザを贈る習慣があり、別名「ミモザの日」とも呼ばれていて、やはり鮮やかなイエローがテーマカラーです。

 

ここ数年、SDGsの関係もあって、ジェンダージェンダー平等について議論される機会が増えています。ただ、 生まれ育った時代で、ジェンダーに関する認識もさまざまです。

10年以上前の話になりますが、仕事で高齢者施設に入居される方とお話する機会があり、編集の仕事をやっていらした先輩女性がかけてくださった言葉を覚えています。

「私たちの時代は、女性は男性の3倍働いて、ようやく会社から認められるような環境だった。あなたがこうして活躍している様子がすごく嬉しい。」

先輩方の努力のお陰で、今の自分の仕事があることが、改めて身に沁みました。

 

近頃では、生理のこと、妊娠や出産育児のこと、LGBTQのことなども、普通にメディアで語られるようになってきましたが、 世界経済フォーラム(WEF)の「2021年のジェンダーギャップ指数」では、日本は 156か国中 120位。G7各国の中で最下位です。

 (フランス-16位、アメリカ-30位、韓国-102位、中国-107位)

SDGsの達成度評価でも、日本のジェンダー平等は圧倒的に改善スピードが遅く、取り組みの強化が必要な目標とされています。( 頑張れ!日本! )

 

先日、「FemTech(フェムテック)」を取り上げていたTV番組で、妻の生理周期も把握した上で、良き夫婦関係を築いてる夫の日常生活が紹介されていたのですが、MCの方が、その男性のことを「インテリジェンス!」と称したことが、とても印象に残りました。

 

世界では、幼い女の子が結婚、妊娠させられたり、女子ということで学習の機会を奪われる国も未だ存在しています。

3月 8日『女性の日』が特別に取り上げられる必要がなくなることを願います。性別に関係なく、各自が一人の人間、ひとつの個性として、あたりまえに大切にされ、自由な選択ができますように。。。

 

 

 

※FemTech(フェムテック)とは … Female(女性)とTechnology(テクノロジー)をかけあわせた造語。これまでタブー視されてきた女性が抱える健康の課題をテクノロジーで解決できる商品やサービスのことを指す。 

 

 

#国際女性デー #3月8日 #ミモザ #ジェンダー平等 #SDGs

happywoman.online

2050年の人口と食糧事情 

エシカルコンシェルジュとしての個人的な活動のお話になりますが、 先日、コンシェルジュ仲間と共に、食品系ベンチャー企業との座談会に参加する機会をいただきました。

 

日本では既に人口減少が始まっていますので、あまりピンと来ないかもしれませんが、国連の報告書によると、今後も世界の人口は増え続け、2050年にはなんと97億人になると予測されています。 (30年で20億人の増加予測)

 

近ごろ、小麦粉や植物油などの値上げが続いていますが、これは食糧自給率が低い日本では、海外市場の影響が大きいということ。

(日本の自給率:小麦粉-12%、油-13%)

将来、世界的な食料不足がおきた時には、みな自国優先となりますので、日本などの輸出にまわる量が減りますし、価格も高騰してしまいます。

 

f:id:yoccatta:20220220183116j:plain

 資料:SILK FOOD「SILK FOODとは?」より

 

この人口増加予測に伴って、特に動物性たんぱくの不足が懸念されており、2013年には国連食糧農業機関(FAO)より、解決策の一つとして、昆虫類の活用を促す報告書が発表されています。

https://www.fao.org/japan/news/detail/en/c/291995/

 

メディアなどで、面白おかしく昆虫食を取り上げているのを見かけることがありますが、 農林水産省や商社では、将来を見据えて、真剣に研究や考察を重ねていて、スタートアップ企業についても応援しています。

ベンチャー企業が、大手の菓子メーカーやパンメーカー、製薬会社と実際に商品づくりをされている様子を知り、 私たちが何となく捉えている認識とは全く違う、将来に向けての必然性を知ることが出来ました。

 

国連食糧農業機関(FAO)の記事を読むと、「これからは昆虫食をどんどん食べましょう」と単純に提唱しているわけではなく、 自然がもたらしてくれるひとつの資源として見直すこと、例えば家畜資料を昆虫の粉末への代替するなどについても言及しています。

 

ちなみに、冷血生物である昆虫は、体温を保つために飼料からのエネルギーを使用する必要がないため、ほんの2kgの飼料で、1kgの昆虫を生産することができます。

(牛肉1kgを生産するためには、8kgのエサが必要)

栄養価が高い上に、環境への負荷が少なく生産効率が良いのです。

 

私も以前関わっていたプロジェクトで、 生物多様性スタッフがコウロギやタガメを調理したり、パウダー化したりする様子は見ていましたが、 ここ数年で、昆虫食事業のスタートアップ企業が続々立ち上がっているようです。

 

 

世界では全人口75億人の1/4以上、約20億人が1900種以上の昆虫類を食べています。

サステナブルなスーパーフードとして、『昆虫食』が脚光を浴びる日も、近いかもしれません。

モノがうまれる背景と物語

鏡に映る美しさだけに価値を感じていた時代、モノ を “買う”、“所有する” 時代から、

背景にあるものまで全てひっくるめて“共感” や “応援” の気持ちを込めて対価を支払う時代へと

じわじわと、確実に、流れが変わってきています。

 

自分だけのために動いた時より、誰かのために行動した時に思わぬ力が出たり、

言葉に表せないような喜びが湧き上がってくるのと、かなり似ています。

 

『推し活』なども、同様の流れの変化なのでしょう。

f:id:yoccatta:20220205154509p:plain

f:id:yoccatta:20220205191429p:plain

目に映るものや、使いやすさに加えて、モノがうみだされたキッカケや出来上がるまでのプロセスに、愛や真っ直ぐな想いが、沢山つむがれている

・・・そんなことに想いを馳せながら、品物を選んだり、ショッピングする時間は、なんだか楽しいし、ハートが温かくなります。

 

モノづくりに関わる人たちが、商品の背景にある風景やストーリーをどんどん公開して、自慢し合ようになっていったら良いですね。

f:id:yoccatta:20220205155250p:plain

f:id:yoccatta:20220205191604p:plain

f:id:yoccatta:20220205191636p:plain

↑ yoccatta TOKYO 動画より

 

yoccattaのプロダクトにおいても

想いを共にし、支えてくださる皆さまの様子を少しでもお伝え出来たら … と考え、

この度、動画撮影を行いました。

 

エアバッグ を取り出すために繰り返される爆発の瞬間と、切り取っていく現場のリアリティ …

 

エアバッグを立体から平面に解体し、基布についた爆発時の汚れや細かい破片を一枚一枚、丁寧に取り除いていく地道な作業風景 …

 

現地の様子や空気感までも、カメラがしかと捉えてくれました。

 

まだ完成形ではありませんが、yoccatta HPにて、プレ動画を公開いたしましたので、実感していただくことができるかと思います。

↓ぜひご覧ください。

 

https://yoccatta.tokyo

yoccatta.tokyo

 

https://yoccatta.tokyo/_src/21391/0108events80.mp4?v=1642813284000

 

活かそう…資源を

地球環境に負荷をかける残念なランキングで、ファッション産業が2番目 (ワースト1はエネルギー産業) であることは、皆さんもご存知かと思いますが、廃棄に関する問題は、私たちのアクションがとても大事です。

 

国内の繊維廃棄物の量は、衣類だけで年間約80万トン。(2020年)

低価格のファストファッションの台頭によって増大した衣類廃棄物。その94%が家庭から排出されています。そのうちリサイクル・リユースされているのは30%程度で、ほとんどが焼却や埋め立て処分されています。多くを占めるポリエステルなどの化学繊維については、海洋プラスチックの問題も発生します。

 

f:id:yoccatta:20220123190621j:plain

↑日本環境設計 BRING™と高島屋サステナブルプロジェクト『Depart de Loop』での衣類回収にて

 

衣類廃棄物以外に、衣類品の生産過程で発生する生地くずや余った生地なども見逃せないレベルで、それらは真っさらな状態のまま廃棄されています。 海外には、以下のような素晴らしい事例もあるようです。

 

NYの非営利団体「ファブ・スクラップ」

500以上の提携ブランドから不要な布を回収し、新しく製造したり再販するしくみ。

 

● ブラジルで開設された布の銀行「バンコ・デ・テシード」

使用されなくなった生地を査定、貯蓄でき、布を無駄にすることなく流通させるしくみ。

 

 

 

リサイクルの方法として、マテリアルリサイクル (モノからモノへリサイクル) だけでなく、現在、ケミカルリサイクル (原料を化学的に分解する技術で何度でもリサイクルが可能) という画期的な取り組みが推進され、大変期待していますが、さらなる普及のためには、まだ課題があるようです。

 

〈ケミカルリサイクルに向けてのハードル〉

 *回収システムの普及、市民の理解

 *複合的な素材の処理 (混紡素材、付属品、異素材使い) 

 *コスト面

 

私もどんどん増えている洋服の回収BOXを積極的に利用していきたいと思います。周りへの口コミも大事ですね。

 

(※日本では、焼却処分し熱を回収するサーマルリサイクルも資源活用のひとつとされていますが、海外ではリサイクル方法とみなされていません)

 

 

 

そして、もうひとつの道が …

yoccattaのように、新たな価値をつくる “アップサイクル”

 

アップサイクルには、

膨大な時間と経費がかかる特殊な技術開発は必要ありません。

 

アップサイクルのメリットとしては ・・・・・

◎ 素材のライフサイクルを伸ばす

◎ アイデア次第で価値を高められる (ワクワクがプラス♪)

◎ 商品を通じてモノを大切にする意識啓蒙がしやすいこと

と考えています。

 

 

 

 

目の前のモノをごみと捉えるか、資源と捉えるか、

私たちの価値観を変える時。

 

『 NO Virgin MATERIAL 』

 

10年、20年後には、

そんな時代もあったねと言えるように。

 

資源をごみにすることなく、活かしきる未来にむけて

さまざまな知恵と方法で、トライアルを続けたいと思います。

 

 

 

 

↓未来に向けた想いを込めて/メッセージプリントのBAGはこちらから

yoccatta.com

未来の責任世代と

先日、大学と弊社との産学協同企画が

無事終了いたしました。

 

 

“ yoccattaのトートバッグに載せる

 SDGsメッセージを考える ” という企画で、

 

ファッション業界が抱えている

さまざまな問題を認識した上で、

各自、響かせたいターゲットを想定し、

コピーを考えていただきました。

 

f:id:yoccatta:20220110180453p:plain

 

優秀作品は、実際に製品化が予定されており、

最終審査に残った人・チームには、

審査員の前でプレゼンするという

発表会のステージが用意されました。

(学校や関係各社のご協力あってこそです)

 

 

1ヶ月ほど前の中間発表の時点では、

自分ゴトとして向き合いきれていなかった学生たちが、

伊藤からの直球の問いかけ( 問い詰め?)に反応して

各自の内面が撹拌され、

学校側も驚くほどの変容がおきたようでした。

 

 

そして、このイベントを終えて

私自身の感想は

当初の予測とは全く異なるものとなりました。

 

学び、成長する学生を “見守る” という立場ではなく、

共に “課題を解決していく者” として

課題はいつの間にか、自分にも向けられていました。

 

 

学生たちの等身大の言葉を浴びながら、

「 ・・・で、問題をつくってきたあなたは、これから何をするの?」

と突きつけられるようでした。

 

 

資本主義を邁進してきた大人たちが

持続可能な開発スタイルへとアップデートするより、

 

未来を生きる世代が目覚める力を信じて

大人は支える側にまわる方が

よき変化が速く訪れるだろうと

 

そう感じたのは … 私だけではなかったかもしれません。

 

 

大人たちは、上から目線と、知ったかぶりを止めて、

未来に責任を感じている世代の声に

本気で耳を傾け

真摯な姿勢で共創する時代が来ている、、、

 

そう確信できた

貴重な体験となりました。

 

 

 

ご参加いただいた方々、ご協力いただきました皆様、

本当にありがとうございました。

感謝の気持ちでいっぱいです。